しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

化粧品の危険

美しい肌になりたいと願う女性にとって、化粧品は必需品です。

 

ファンデーションを塗って口紅をつけ、
もう一人の新しい自分に変身していくのは、女性の喜びの一つです。
ですが、美しい肌に見せるための化粧品が、
実は、シミやシワ、たるみの原因となっているとしたらどうでしょう。

 

例えば、友人の勧めで外国製の洗顔料を使ってみたところ、
肌にヒリヒリ感を覚えることがあります。
ですが、汚れ落ちもよく、友人も強く勧めていたし・・・
と、あまり気にせず、そのままにしていたら、しばらくすると顔中が火照って、
痒みが出てきます。
改めて洗顔のしなおしをしてみるけれど、痒みはどんどん広がってしまい、
しまいには、顔が赤く腫れてしまっていた、そして、シミになって顔に残ったなどということがあります。
このような症状がでた場合考えられるのは、肌が化粧品に負けてしまったということです。

 

また、お肌の調子を整えようと、有名メーカーの栄養クリームでお肌のお手入れを始めたところ、
肌がスベスベして、若返ったような気分になっていたけれど、
ある突然、皮膚にうす青いシミができてしまった、
皮膚科に通ったけれどよくならず、しまいには、顔半分黒ずんでしまった・・・という例もあります。

 

天然化粧品だということで、香料も入っておらず、安心して使うことが出来ると思い込んでいたのに、
頬と顎の境目のところに、小さな水疱のようなものが広がっていて痒く、
爪でかきむしると、水疱が破れ汁がでて、その汁が他の部位にうつると、
その部分にも強烈な痒みを発するという事も多いです。
そして、水疱が破れたところはシミとなって残ってしまうことが多いのです。

 

このように、化粧品が原因で起きる肌トラブルは後を絶ちません。

 

値段を見るととても高価なので、粗悪な化粧品を使っているわけではないから、
ちょっとくらいヒリヒリしても、きっと大丈夫、
お友達も良いと言っていたから、きっと私にも効果があるだろうなどと考えてしまいます。

 

ですが、おしゃれや美に関心が高い人ほど、
このようなトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

 

使ったときに違和感を感じたり、異物感を感じるようであれば、
使用をやめることが必要ですし、皮膚科医や美容外科医の診察を受け、早期に治療をしていく事も大切です。

化粧品でカバーするのはNG

化粧をして、シミを隠したい!と思ったり、
話題の化粧品を使ってスキンケアをしたい!と思うのは、女性として当然です。

 

ですが、高級だから誰の肌にも合う、友達が良いといっていたから私にも良いはず、
有名なブランドの化粧品だから大丈夫・・・などと思っていると、
トラブルに巻き込まれます。
また、特に問題のない化粧品であっても、化粧のしっぱなしはよくありません。

 

化粧をするのであれば、薄化粧にし、外出先から帰った時には、
完全に化粧を落として、肌を休めることが美肌のためには大切です。

 

化粧をすることで、肌がもともと持っている肌の自律性を損なう可能性があります。
つまり、化粧をすることによって、肌本来のパワーが衰えてしまうのです。

 

例えば、ヒトは寒いと鳥肌がたち、暑いと汗をかきます。
これは、素肌が生きているところからくる生理作用で、
外部からの刺激によって過剰な負担を受けないように、
反射的に皮膚の機能が働いている状態です。

 

暑い時に汗をかくのも、肌本来が持っている「肌から皮脂を出して、
外界の刺激を遮ろう」とする生理的機能が働いているのです。
このように、肌はもともと持っている力を利用し、
自らでみずみずしく美しい肌になろうとすることからくる生理的機能です。
このような力により、ヒトの肌は、自ら美しくなろうと努力しています。

 

いつの頃からか、ヒトは化粧をするようになりました。
そして、原始時代の人に比べ、
肌が外界の刺激を直接受けることは少なくなっています。