しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

洗顔石鹸はふつうのものが一番!

スキンケアは、「洗顔に始まり、洗顔に終わる。」といわれます。
美肌を保つためには、丁寧に洗顔することが最も大切です。
洗顔がきちんとできていれば、お肌のお手入れは半分終わったも当然です。

 

ですが、汚れが残っている肌に、化粧品を着けても効果はありません。
たとえ、高級で、「良い」といわれている化粧品であっても、
肌に汚れがついていたら効果がないどころか、逆効果になってしまうことすらあるのです。

 

さて、洗顔が最も大切なので、どのような洗顔石鹸を使ったら良いのだろうか?
と、考えてしまいます。
最近は、色々な洗顔石鹸があり、目移りしてしまいます。

 

ですが、洗顔に使う石けんは、シンプルなものが一番です。
特別なものを使う必要はありません。

 

洗顔石鹸には、ピンからキリまであります。
高級感のある石けん、値段の高い石けん、色々な話題の成分が配合されている石けんが
最も効果的なような気がしますし、肌に良い気がしますが、
美容医学的にいうと、そうではありません。

 

そもそも、石鹸の成分は基本的にどれも同じです。
そして、石鹸の本来の使命は「汚れをきちんと落とすこと」です。

 

メーカー側が、高級石けんを売り出す際、そのままでは高く売ることができません。
高価な香料を使ったり、色々な物質を配合したり、パッケージに高級感を持たせるようにします。

 

汚れをしっかり落とすことができれば十分な石けんに、
香料や着色料など、以下なる不純物も入れる必要はありません。
必要がないどころか、そのような香料や添加物などの不純物が原因で、
肌にトラブルを起こすことがあります。

 

高級な石けんほど、複雑な物質を配合していて、
かえって肌に悪い条件を増やしているということが考えられます。

 

このようなことから、洗顔石鹸は、無香料で普通のものが一番です。
かつて日本人女性が愛用していた「ぬか袋」などが、実に理想的です。

 

さて、安くてシンプルな石けんを使うと、肌がつっぱります。
この肌のつっぱり感を気にする人も多いのではないでしょうか。

 

私たちヒトの肌は、pH5.4〜5.7の弱酸性です。
そして、石鹸はアルカリ性です。

 

酸性とアルカリ性のpHの違いが、洗顔後に肌を突っ張らせる原因になります。
ですが、石鹸のアルカリ度は、洗浄力と切っても切れない関係にあるので、
ある程度はやむをえません。

 

弱酸性の石けんもありますが、この石けんでは、洗浄力がイマイチです。
肌が弱い人は、肌の状態を見極め、弱酸性の石けんを試してみるのも良いでしょう。
しかし、よほど肌が弱いという人で無い限り、汚れがきちんと落ちる普通の石けんが一番です。

 

洗った後のつっぱり感がどうしても気になるので、
「つっぱらない、洗顔後もしっとり感をキープ!」という洗顔料を選んでいる人が多いです。
ですが、つっぱり感は、汚れを落とす石けんの性質上、
当然起こり得ることで、仕方がないことです。

 

「うるおいを残す石けん」というのは、本来の石けんの目的と矛盾します。
せっかくきれいに洗った肌に、色々な混ぜ物を吸着させ、
肌によくない化学物質を残してしまっていると言う事もあり得ます。

 

洗顔後に潤いが欲しいのであれば、洗顔後に改めて補いましょう。
企業の宣伝文句に乗ってしまうことが無いように、