しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

下着がシミの原因に

ハッと気づくと、ウエストやお尻に、
地図のような広範囲のシミができていた・・・などということがあります。

 

例えば、Tバッグ型のパンティは、スカートやパンツのヒップラインに
下着の跡がつかないので愛用している人も多いと思います。
ですが、Tバッグに限ったことではないのですが、
ストッキングやガードル、ブラジャーなど素肌に密着する下着は、
全てシミを作ってしまう可能性を持っています。
ゴムやワイヤー部分などが肌を締め付け、体に無理な力が加わります。
この力が、黒ずみや皮膚炎の原因になります。
下着を選ぶ時には、サイズがきちんと合っているかを特に気をつけるようにしましょう。

 

また、着るものによって静電気が起きるので、この静電気に気をつけなければなりません。
静電気もシミの元になるからです。
ストッキングやガードル、ブラジャーなど素肌に密着する下着類は、
殆どナイロンなどの化繊で作られています。
ですから、下着全体が静電気の発生工場と化しています。

 

私たちヒトの体は、もともと神経を伝わる電気の指令によって動いています。
体を動かすことができるのは、全てこの電気信号のおかげです。
そして、脳波や心電図によって健康状態がチェックできるのも、
ヒトの体が電気的な信号で動いているからです。

 

そして、ヒトの皮膚は、通常マイナスの電気を帯びていますが、
化学繊維は電気的にプラスの状態になっています。
ですから、化学繊維でできている衣服を身につけると、
体と衣服の間で一種の通電状態が発生します。
それが静電気という形になって現れ、困ったことに衣服や下着に静電気が起きると、
体内の酵素が影響を受け、メラニン色素が沈着しやすい状態を作ってしまいます。

 

メラニン色素ができたとしても、全身の肌を素早くケアし、
新陳代謝とともに体外に排出することができれば、問題は少ないでしょう。
ですが、実際には、メラニン色素の沈着に気づかないまま、
放っておく人が殆どです。
まして、お尻にできた色素沈着には、なかなか気付く事ができません。

 

放っておかれたメラニン色素の沈着は、シミとなって残ります。

 

このように、身につけている衣服の繊維によってシミになることがあります。
日焼けなどをしていないのに、なぜかシミができている・・・としたら、
衣服の繊維を疑ってみる必要があります。

 

そして、着るものを選ぶ時には、デザインや色も大事かもしれませんが、
やはり素材に注意すべきです。
静電気がおきやすいものを身につけるときには、
静電気防止スプレーを使うなどの工夫をする事も考えてみましょう。