しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

マッサージがシミの原因に

シミやシワが期になり始めると、「マッサージしたほうがいいかな?」などと思います。

 

雑誌やテレビなどでも、「お肌のマッサージをして、肌の若さを取り戻そう!」
なんていう特集をしていたりしますよね。
ですから、お肌のマッサージをして、シミやシワを何とかしようと思って当然なのです。

 

ですが、正しい方法を守ってマッサージをしないと、
肌の状態が改善しないばかりか、むしろ小じわが増えてしまったり、
黒ずみができてしまったりします。

 

シミやシワは、物理的なものが原因になって起きる事が多いです。
皮膚はこすったり引っ張ったりすることによってシワやたたみこまれ、
笑ったり怒ったりするだけでもシワが増えてしまいます。
ボトックス注射をして、詩話を作る筋肉の動きを少なくすることによって、
シワが消えていきます。

 

つまり、美肌のためによかれと思って行ったマッサージによって、
シミやシワが増えてしまうことがあります。
マッサージは、肌の手入れの中でも最も難しく、
正しい知識と技術を要します。
ですから、正しくできる自信がないという人は、
むしろ何もしないほうが無難です。

アクセサリーがシミの原因に

静電気もシミの原因になります。

 

衣類の静電気でもシミになるので、下着による静電気によって、
シミができてしまうこともあるのですが、
静電気が起きるのは衣類だけではなく、
ネックレスやブレスレット、めがねのフレームやイヤリングなど直接皮膚に接触するアクセサリー類も
静電気を起こします。

 

例えば、同じアクセサリーを常につけっぱなしにしている人もいます。
めがねなどもシミの原因になるので、一度念入りに肌をチェックしてみてください。
アクセサリーやめがねのフレームなどがいつも肌に触れている部分には、
静電気によるシミができているかもしれません。

 

特にめがねは要注意です。
鼻当ての部分や、フレームがあたる部分に、
シミができていることがあります。
特に、メガネの大きさが合わなかったり、ツルの部分が緩んできたりすると、
圧力のかかり方が不安定になります。
そのままの状態で調整ナシに使っていると、
通常以上に皮膚に負担がかかるので、シミができやすくなります。

 

またピアスも注意しましょう。
ピアスによる金属アレルギーに起因する肌トラブルが多く見られます。

 

ピアスは耳たぶに穴を開けて使用します。
特定の金属に対してかぶれを起こす危険性が高くなりますが、
自分でも知らずにある種の金属アレルギーがあると、
ピアスの素材によって深刻な皮膚炎を起こすことがあります。

 

金属アレルギーを起こしやすい金属は、ニッケルやコバルトなどです。