しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

しわとたるみの現れ方

30代

お肌の曲がり角は18歳。
25歳頃から老化が進み、30代で、皮膚のハリがなくなり始めます。
上まぶたの皮膚が目にかぶさってきたり、皮膚の表面に小じわができ始めます。

 

40代

40代に入ると本格的なしわができ始めます。
特に額のシワが目立つようになり、眉間のしわも深くなってきます。    
40代になってできるシワは本格的で、表面的な小じわとは違い、
皮膚の奥から発生している深いものです。 
しかも、40代になると、皮膚層だけでなく、皮下組織も老化を始めます。

 

50代

50代になると、目じりの部分の皮膚がたるんで下がり始めます。
目の形が三角になったり、額のシワが長く繋がったり、深くなったりします。
特に、目の周りの組織は弱くなります。
眼瞼脂肪が飛び出し、目袋といわれる下瞼のふくらみができることもあります。

 

60代

60代になると、隣り合っていたシワが繋がり、前よりもさらに深く長くなります。

 

70代

70代になると、こめかみや頬の皮下脂肪がなくなり、全体に痩せます。
痩せることによって急激にシワが増えます。

 

80代

80打になると、頭蓋骨が小さく縮み、さらに老化が進みます。
シワも深いヒダ状になります。

 

 

概ね、年齢的には上記のようにシワやたるみが現れます。
ですが、年齢よりも早く老化が進む人もいますし、逆に年齢の割りに肌年齢は若いという人もいます。

 

例えば、悩み事があってくらい顔をしている人は、
顔色まで悪く見えてしまいます。
表情が沈み、肌の中までが重くくすんでいるようになってしまうのです。

 

これは見た目のイメージだけの問題ではありません。
医学的に見ても、人間の細胞と精神状態とは密接な関係にあることが分ります。