しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

表情筋のメカニズム

顔の若さを左右するのは、「表情筋」です。

 

顔の表情を生んでいる筋肉は、大きくわけて4つありますが、
これらの筋肉は、筋線維によっては他の筋肉と繋がっています。
そして、一箇所を動かすと、その動きに応じて他の筋肉も収縮し、
一つの複雑な表情を作り出すことができるようになっています。

 

私たちヒトの多彩な表情は、これらの筋肉が瞬時に動くことによって作られますが、
筋肉はいつも使っていないと衰えてしまいます。

 

顔がたるんでいる人は、例外なく表情筋が緩んでいるでしょう。

 

表情が豊かで、よく笑い、よくおしゃべりする人にくらべ、
無表情でふくれっつらをしている人のほうが顔のたるみが出やすく、
ますます老け顔になってしまいます。

 

そうならないように、どの筋肉が衰えているのか、
下記に筋肉の動きを説明していますので、順番に動かしてみてください。
筋肉の運動がスムーズにできるかどうかチェックし、
若い筋肉、若い表情、若い顔のバロメーターとしてみましょう。

 

(1) 額と鼻の筋肉

 

びっくりした時など、眉が引き上げられて、額に横ジワができます。
このときに働くのが前頭筋です。
そして、眉間に縦ジワを走らせるのは、皺眉筋です。

 

喧嘩したときなど、「イー!」っと鼻をくしゃくしゃにする表情をすると、
鼻筋に沿って斜めに細かいしわができます。
この鼻筋に沿って斜めに細かいシワを作る筋肉が鼻根筋で、
鼻の孔を膨らませるときに使う筋肉が前後鼻孔拡大筋です。

 

(2) 眼の筋肉

 

「眼は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、
眼の筋肉は、表情を生み出す上で大きな影響を与えるものです。

 

眼の動き一つで表情が明るくなったり暗くなったり、
その人の印象がすっかり変わってしまいます。

 

眼をギュッと閉じた時に、眼の周囲にシワを作るのは眼輪筋です。
眼を開けた状態で、上下左右に眼球を動かす筋肉が、
「上眼瞼挙筋、上・下斜筋、上・下真筋、内側真筋、下側真筋」です。

 

(3) 口の筋肉

 

顔の中で最も筋肉が多い部分は、口の周りです。
深呼吸をするつもりで、口をすぼめ、息を勢いよく吸ったり吐いたりしてみると、
口輪筋と頬筋が動きます。
口を尖らせた時、上唇を前に突き出させるのが上上唇方形筋で、
下唇を尖らせているのが下唇方形筋です。

 

微笑みの表情に作用している頬骨筋は、若さの基本ともいえます。
この頬骨筋は、口の外側を斜めに引き上げる働きもしています。

 

また、笑顔でも「ニッ」と笑う時、つまり歯を見せないように
唇をぴったり合わせて横に引くような表情は、笑筋が作用します。

 

そして、唇を合わせたまま、口角を下に向かって「へ」の字にひっぱる時は、
頤(おとがい)三角筋が作用しています。

 

(4) 咀嚼(そしゃく)筋

 

食べ物を食べたり、噛み砕いたりする時には、咀嚼筋が作用します。

 

食べ物を口に入れるために、口を大きくあけて、顎を下に引く時には、
顎二腹筋や舌骨上筋が働き、
顎を左右や前方に動かし、物を噛むときには、外側翼突筋や内側翼突筋が使われ、
歯を食いしばって硬いものを噛み砕く時には、側頭筋、咬筋、内側翼突筋が作用しています。