しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

米のとぎ汁を使ったトリプル洗顔法

米のとぎ汁洗顔料は、
市販されているどのピーリング剤よりも優しく効果的です。
米アレルギーでないのであれば、誰でも使うことができ、
しかも米のとぎ汁ですから、お金もかけずに済みます。
とぎ汁を使った洗顔料で、気になるシミやシワ対策をしていきましょう。

 

米のとぎ汁洗顔は、朝と晩の2回が基本です。

 

メイクをしている人は、クレンジングで丁寧に顔の油分・化粧品を落とし、
石けんでクレンジングやクリームを洗い落とします。
そして最後に米のとぎ汁を使って洗顔をします。

米のとぎ汁洗顔法

(1) とぎ汁を人肌程度に温めます。
   とぎ汁を薄める時にお湯を足して温めても良いですね。
   人肌程度にとぎ汁を温めることによって汚れが落ちやすくなります。
   夏場など、とぎ汁がぬるま湯のように温かく感じる場合は、そのままでも良いですが、濃さには注意しましょう。

 

(2) とぎ汁をよくかき混ぜ、手のひらですくって顔全体の汚れをさっと落とします。

 

(3) 手のひらにとぎ汁をすくい、顔全体を覆うようにして10回ほどマッサージします。
   皮膚をこすり過ぎないように、手のひらや指先の力を抜いて優しく行います。

 

(4) 顎から頬、頬から額へと、上に向かって軽く押し上げるように10回ほど肌をなでます。

 

(5) 口の周りを下から上へ5回ほどなで上げます。
   このとき、唇も一緒にマッサージするつもりでなでましょう。

 

(6) 気になるシミの部分を中指と人差し指を使って、輪郭に沿って優しくなでます。
   ひねったりつねったり、搾り出すようにしないように、優しく傷をつけないように行いましょう。
   強い刺激を与えてしまうと、シミを悪化させてしまう可能性があります。

 

(7) マッサージが終わったら、水またはぬるま湯で、1〜2度サッと顔をすすぎ、
   タオルで押さえるようにして水分を拭き取ります。

 

 

米のとぎ汁は、たっぷりすくって行ってくださいね。

 

 

メイクしなかった日は、クレンジング洗顔を省略し、
洗顔石鹸と米のとぎ汁洗顔をします。

 

ポイントメイクをしたときには、その部分だけクレンジング洗顔をすると良いですね。

 

毎日朝晩、たったこれだけのことでシミが薄くなっていくのです。
副作用の心配もありませんし、安上がりで簡単ですね。