しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

素肌美は洗顔から

シミやシワを作らないようにするためには、洗顔がとても大切です。
そして、基礎化粧も大切です。

 

表皮の外側には、古い角質と外界からのホコリや汚れが新陳代謝に伴って浮き上がってきます。
これらをきれいに洗い落としておかなければ、
新陳代謝が損なわれ、古い角質がいつまでも表皮に張り付いた状態になります。

 

メイクをしない日でも、朝晩の洗顔はしっかりとしましょう。

 

そして、メイクをしたときには、肌に化粧品や酸化した油分のカス、
アカなどが交じり合って見た目よりもずっと汚れています。
当然、メイクをしない日よりも念入りに洗顔を行う事が必要です。

 

洗顔は、表皮をきれいにし、
素肌の回復力を高めるような洗顔方法を行う事が必要です。
しっかり洗っているつもりであっても、
やり方を間違えてしまうと肌に思いもかけないような負担がかかってしまうことがあります。

 

表皮は、外側から、「角質層」、「透明層」、「顆粒層」、
「有棘層」、「基底層」の5つから構成されていますが、
新しい皮膚は、最も奥にある「基底層」から生まれ、
徐々に外側に押し上げられていきます。
表皮の最も外側に押し上げられた皮膚は「角質」で、
角質はケラチンというたんぱく質でできていて、その大部分は死んだ細胞です。

 

大部分が死んだ細胞であるということで、角質は全く必要がないものなのではないか?
と思ってしまいますが、そうではありません。
確かに死んでしまった細胞なので、全部剥ぎ落としてしまっても良さそうなのですが、
角質は、水分を素肌に蓄える働きをしています。
もし、全部角質を取ってしまったら、素肌に蓄えられた水分が奪われてしまいます。

 

ですから、肌のみずみずしさを保つためには、ある程度の角質は必要です。
しかし、古くなった細胞がたくさん表皮に残ったままになっていると、
角質が厚くなりすぎて肌がくすみ、見るからに肌の透明感が失われ、
毛穴に汚れが溜まってしまったり、ニキビや吹き出物ができやすくなり、
小じわになったりするのです。

 

洗顔は、角質を適度に残し、
表皮に浮き上がっているアカや汚れを毎日きちんと取り除くことが必要です。

 

そして、時々大掃除をするよりも、毎日お手入れするのが一番です。

 

普段手抜きをして、週に1〜2回エステなどで徹底したスキンケアをするよりも、
毎日正しい洗顔方法で、その都度汚れを落としたほうが素肌のトラブルを予防することができるのです。