しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

日光浴は肌老化の原因

小麦色の肌が美しい!とはいっても、日焼けは成人女性にとって、恐るべき敵です。
夏の間、海や山でのレジャーを楽しんだ女性が、
秋になって「シミができた、小じわが増えた」と言って、
美容クリニックに駆け込む女性が増えます。
自分の肌年齢も考えず、太陽と戯れた挙句の当然の報いとしてダメージを被った結果です。

 

太陽光線は、赤外線、紫外線、可視光線などを含んでいます。
日焼けは、「紫外線」によって起きる現象です。
とはいっても、太陽光線に占める紫外線量は6%です。
そして、実際に地表面に届く量はもっとわずかです。

 

このわずかな紫外線が、とんだクセモノで、私たちの肌に悪さをするのです。

 

紫外線を浴びると、皮膚細胞のDNAが大きな損傷を被り、
皮膚の老化が猛スピードで進行します。
太陽熱によって肌の水分が奪われ、カサカサになってしまいます。
そこで、皮膚を紫外線から守ろうとする皮膚本来がもっている防御機能が働き、
大急ぎでメラニン色素が増産されます。

 

このメラニン色素の作用により、肌が浅黒くなるのが日焼けです。
肌の奥にある柔らかい組織を全滅させないようにするために、
慌ててメラニンという鎧を着ているのです。

 

皮膚の表面は、長いこと日光にさらされると、
一種の火傷を起こした状態になっています。
「小麦色の肌」とか「ブロンズ色の肌」などと、
美辞麗句を並べる人もいますが、火傷を起こした肌ですから、
健康的でないことは確かなことです。

 

日焼けをしすぎてしまうと、ケロイド状になったり、
水疱ができることがあります。
こんがり焼けている、いわゆる「小麦色の肌」とか「ブロンズ色の肌」の状態とは、
トラブルを起こす一歩手前の状態であるといえます。

 

紫外線は、波長が長いほうからUVA、UVBの2種類に分けられますが、
このうち、UVAは、じわじわと肌の色を黒くし、
UVBは、赤く火ぶくれを起こすような日焼けをもたらします。

 

そして、皮膚は、表面から「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3層構造になっています。
2番目の層である真皮は、コラーゲンとエラスチンという繊維状のたんぱく質組織があり、
このたんぱく質組織が皮膚の弾力を維持し、ピチピチのハリをもたせています。

 

ですが、紫外線に当たってしまうことにより、
繊維状のたんぱく質組織が破壊されてしまうのです。
その破壊を防ぐために、皮膚と真皮の間にあるメラノサイトという細胞が働きます。

 

メラノサイトは、メラニン色素を作り、
真皮の中に紫外線が入り込まないようにバリアを作り始めます。
このメラニン色素の色が表皮を通して透けて見えるので、
肌が浅黒く見えるようになります。

 

この防御機能の点だけを捉えると、
メラニン色素はガードマンとして活躍してくれていることが分ります。
ですが、時間が経つと、メラニン色素はバリア機能が衰え、
剥がれ落ちてしまうのですが、新陳代謝の衰えている部分は、
そのままシミとなって残ってしまうのです。

 

肌は鍛えることができませんから、日光を浴びすぎないように、
日焼けをしないように、紫外線の影響を受けないように気をつけることが必要です。