しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

素肌の調子の良いとき・悪い時

ホルモンのバランスに合わせて、素肌のケアを変えると良いのでしょうか。

 

女優さんやモデルさんなど、素肌ケアをとても大切にしている人たちの中には、
月経の周期に合わせて化粧水や乳液を変えている人がいるそうです。

 

「だったら、私も基礎化粧品を替えようかしら?」と思う人もいると思いますが、
単に、基礎化粧品を変えることが大切ではなく、
「どのようにお手入れをするか」が重要です。
つまり、どの化粧品を使うか?ではないのです。

 

シミやシワを作らないようにするためには、月経前の一週間がポイントです。
生理前の一週間は、酢肌の回復力や体力が低下し、
気分的にも落ち着かなくなります。
このようなときには、無理に素肌の状態をよくしようと思うよりも、
不必要な刺激を与えないようにするほうが賢明です。

 

黄体ホルモンの分泌が活発になると、妊娠中のときのように素肌がデリケートになります。
ですから、この一週間の間に不用意に日焼けをするなどすると、
たちまちシミになったり、小じわが増えたりします。

 

メイクのノリも悪くなりますし、なれない化粧品を使って肌トラブルを起こすこともあるので、
この生理前の一週間は、肌に刺激を与えないようにするのが一番です。

 

生理前の一週間は、お化粧を控えめにしたり、
外出しないのであれば、ノーメイクのままで素肌を休ませるなど、
お肌の清潔と保湿に気をつけて過ごしましょう。

 

もちろん、基礎化粧品も普段使い慣れているものだけにして、
マッサージやピーリング、パックなども控えたほうが良いですね。

 

もし、シミが浮き出たように見えても、
この時期の肌は仕方がないとあきらめて、あまり気にやまないようにします。
くよくよしたり、必死で隠そうとしたりすると、
かえって素肌に悪影響です。
大らかな気持ちで、いつも頑張ってくれている素肌を
休ませてあげるような気持ちで過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

排卵日前後の一週間は、心身ともに、健康になるときですね。
素肌の調子も整います。

 

排卵日前後の一週間は、肌にツヤや弾力が生まれ、
脂分や水分のバランスも良い状態になります。
このように素肌の調子が良いときにも、色々肌に着けるより、
自然なお手入れを心がけてください。

 

お手入れは、洗顔を中心にし、清潔を保つこと、
そして、十分な睡眠をとり、バランスに優れた食事を大切にし、
素肌力を回復させてあげましょう。

 

また、海や山へのレジャーは、この排卵日前後一週間がおススメです。
多少日焼けをしてしまったとしても、この時期は肌の調子が良いので、
大きなトラブルにならないことが多いです。