しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

サラダでできるシミやしわ

「ランチはサラダだけを食べている。
そうすることによって素肌がきれいになる!」
と、サラダや果物をたくさん食べることによって
シミができないと信じている女性が多いです。

 

医学的にみると、ビタミンCをたくさん摂取することは、
素肌にとってとても良いことなのですが、
いくらランチタイムに頑張ってサラダを食べたとしても、
その摂取量はしれていて、シミを防止することはできませんし、
いったんシミになった肌を治すこともできません。

 

ですが、肌がきれいにならなくても、ダイエットには効果的でしょう。
と思うかもしれません。
しかし、サラダによっては、害になる事もあるのです。

 

サラダによって引き起こされるシミが、美容医学界でも注目されています。

 

例えば、パセリやセロリ、アカザ、春菊などの野菜は、
体に良さそうで、ダイエットにも美肌にも効果が高そうです。
ですが、このような香りの強い野菜を食べ続けていると、
体の中で紫外線に反応しやすい物質を作り出し、
この物質が蓄積されることによって、
少しの紫外線でもシミができやすい体質になってしまうといわれています。

 

さらに、紫外線だけでなく、化粧品や排気ガス、洗顔料など、
ちょっとした刺激に対し過敏に反応してしまい、
日焼けをしなくてもシミを作りやすい肌質になってしまうのだそうです。

 

皮膚の元は、たんぱく質ですから、
肉や魚、大豆食品、穀類に含まれるものを食べる必要があります。
もちろんと食べ過ぎや偏りはよくありませんが、
サラダをたっぷり!という人は、どうしてもたんぱく質が不足してしまいがちになり、
肌が荒れてたるみ、シミができやすくなってしまうのです。