しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

肌状態を見極める

肌のトラブルを招くのは、全て化粧品のせいではありません。
確かに化粧品自体が肌トラブルの原因になる事もありますが、
化粧をする人の肌そのものにも、トラブルを引き起こす要素があります。

 

例えば、油分の多い化粧品を使ったとしても、
油焼けしてしまう人と、そうではない人がいます。
つまり、同じ化粧品を使ったとしても、
化粧品でトラブルを起こしやすい人とそうでない人がいるということです。

 

ある女性が、あるメーカーのクレンジングクリームを使ったところ、
顔が黒ずんでしまい、黒皮症のような症状が出てしまいました。
驚いた女性は、メーカーに抗議。
ですが、メーカー側としては初めての苦情であり、
さっそく調査に乗り出しましたが、同時に、女性に対し、
一度婦人科で検査をしてもらってはどうかと提案したそうです。
なぜなら、ホルモンの異常や子宮の病気などで、黒皮症になる事もあるからです。

 

女性は、半信半疑ながら病院に行き、初期の子宮癌を発見され、
すぐに手術をし、一命を取り留めました。
そして、気にしていた黒皮症もきれいに治り、
もちろん術後の回復も順調で、今も元気にしているそうです。

 

このように、婦人科の病気によってホルモンの分泌が悪くなったり、
体の機能が弱っていると、肌状態も知らず知らずに低下してしまうことがあります。

 

戦時中、ドイツで多発した黒皮症も、戦時下の精神的なストレスが症状を悪化させ、
拍車をかけたのではないかといわれています。
日本でも、戦時中、ストレスによる無月経症が増えました。
特殊な状況で、大きなストレスを受けると、月経が止まってしまうほど、
ホルモンのバランスが不安定になるなど、女性の体は敏感です。

 

クリームの品質以前に、体調や素肌の状態の面で肌トラブルを招く要因も考えられますし、
大きな精神的ストレスや緊張感によって自律神経のバランスが崩れてしまうと
肌の状態も悪くなり、肌トラブルを発生させてしまうこともあるのです。

 

ですから、素肌にトラブルが起きたとしても、
化粧品だけを一方的に責めるのではなく、自分の体にトラブルがないかを見極める事も必要です。

 

そして、化粧品は上手に使えば私たちの皮膚の働きを助けてもらうことが可能です。
例えば、排気ガスが足しこめているところなどを歩く時には、
化粧をしていることにより、化粧品の被膜で素肌を刺激物質から守ることが出来ます。

 

また、日焼けに対しても、適切なUV効果を持つ化粧品を使うことで、
日焼け止めの代用品にもなってくれます。
環境汚染の問題が大きく取り上げられている昨今では、
肌の刺激になるような物質も空気中にたくさん溢れています。
化粧品によって、ある程度は身を守ることができるのです。