しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

リール黒皮症

第二次世界大戦中、ドイツで顔が黒くなる病気が多発しました。
軍需工場で働く人たちの多くが、顔が黒っぽくなったことを悩んでいたのです。

 

軍需工場で働いている人たちは、毎日機械油にまみれているうちに、
次第に顔が黒ずんできました。
はじめのうちは、あちこち脂の散った肌にホコリがついたのだろうと、
お風呂に入ってゴシゴシ洗ったりしてみたのですが、なかなか黒い汚れは落ちず、
でも戦時中で物資不足のため、
石鹸も洗浄力の無い粗悪なものなのかもしれないと思っていました。

 

この軍需工場で働いていた人たちの顔が黒くなった原因は、
機械油による油焼けでした。

 

また、当時、ヤミで仕入れた安い化粧品を使っていた女性たちも、
機械油と同じように質の悪いものだったので、女性の顔も黒くなっていました。

 

このように、男性たちが、
機械油や工業オイルによって油焼けした症状を「リール黒皮症」といい、
就業環境が劣悪だった戦時中に多発したので「戦争黒皮症」とも呼ばれています。

 

女性に発生する黒ずみの症状は「女子顔面黒皮症」といい、
顔全体や耳の前後、首からうなじにかけての部分に、
紫がかった色素沈着を起こす症状がでます。

 

このような黒皮症になるのは、戦時中、粗悪な化粧品を使ったり、
質の悪い機械油が顔などの皮膚について起きるものだったですが、
近頃でも黒皮症が起きる事があります。

 

最近起きている黒皮症の原因としては、
肌に合わないクレンジングクリームやコールドクリーム、ファンデーションなど、
油分の多い化粧品を長期間使い続けることによるものが多いです。

化粧品による黒皮症

普通のシミは、黒ずんでいるところとそうでない部分の境界がくっきりしていることが多いのですが、
黒皮症は、境界がよく分らず、健康な皮膚が少しずつグラデーション状に黒く変化し、
まるですすけたようになる特徴があります。
黒皮症は、特に症状がひどくなると、目と唇の周囲を除き、
顔全体が黒くなってしまう人もいます。

 

最近起きている黒皮症の原因としては、クレンジングクリームやコールドクリーム、
ファンデーションなど、肌に合わない油分の多い化粧品を長期間使っていることによって起きるものです。

 

戦時中の軍需工場で働いていた人や、
ヤミ市で買った粗悪な化粧品を使ってしまった当時の女性の症状に比べると、
現在の人の黒皮症の症状はひどくありませんが、
それでも、油分の多いクリームを使っている人の中には、
素肌が黒光りしていたりします。

 

高いお金を払って購入した、有名ブランドの高級化粧品を使っているのに、
なぜ、粗悪品と同じような症状が現れるのか・・・?
と不思議に思う人も多いのですが、
化粧品の中に含まれている鉱物油や植物油がその黒ずみの原因となっているのです。

 

最近の化粧品は、殆どが石油から作られています。
高級化粧品であっても、石油から作られているものが多く、
その石油には、「タール」という成分が含まれています。

 

「タール」には、紫外線を浴びると敏感に反応し、
肌の酵素に刺激を与えます。
刺激を受けた酵素は、通常以上に色素細胞をたくさん作り、
色素沈着を加速度的に促します。

 

また、香料として使われている植物油などにも、
日光に反応しやすく、沈着を促す働きを持っています。

 

日本人の肌のタイプに合わせて作られていない外国製の化粧品は、
よほど注意しなければ大変なトラブルを引き起こします。

 

もともと、日本人の肌は皮脂腺が発達しています。
ですから脂分の補給は殆ど必要ありません。

 

ですが、白人の肌は、皮脂腺があまり発達していません。
ですから、化粧品には脂分や水分が多く調合されています。
そして、高級化粧品は香料に凝っていて、体臭のキツイ白人向けに作られています。
つまり、日本人に、白人のために作られた化粧品は刺激が強すぎるということです。

 

同じ外国製品でも、日本で販売されているものは、
主成分や香料を調合しているものもあります。
ですが、海外旅行のお土産で買ってきたものは欧米仕様です。
スーパーモデルが使っているから私も使いたい!
と思ってしまう女性も多いのですが、
日本が、海外の刺激の強い化粧品を使うとするなら、よほど注意して、
肌の調子を見ていくことが必要です。

 

また、同じ東洋人が使っているものであっても、
中国の伝統的な高級化粧品には、水銀や砒素などの毒物が多く含まれていたりします。
現在は、大手のメーカーなどでは安全性のチェックを行っていますが、
でも、全ての化粧品が安全であるということはできません。

 

例えば「楊貴妃も愛用していた」とあると、美しい楊貴妃の顔を思い出し、
私も使ってみたい!と思ってしまう人も多いことでしょう。
ですが、高級品を使えば肌のトラブルを避けることができるわけではありませんし、
例えば楊貴妃とあなたが同じ肌質であるとはかぎりません。

 

安物を使うから肌のシミができる・・・などと勘違いするのもいけません。

 

原料に石油を使い、香料に植物油をふくんでいるものは、
値段には関係なく、黒皮症などの肌トラブルがおきることがあるので注意が必要です。