しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

シミができる原因

シミには、「生理的なシミ」、「精神的な原因でできるシミ」、
「物理的な刺激で引き起こされるシミ」など、色々なタイプがあります。

 

生理的なシミ

 

生理的なシミは、お年寄りの肌に見られるタイプのものです。
お年寄りの顔のあちこちに、浅黒い水玉模様のようなシミができているのを見たことがあると思います。
このタイプが生理的なシミで、顔だけでなくどこにでも現れます。
医学用語では、この生理的なシミを「老人斑」といいます。

 

生理的なシミは、肌の機能が衰え、色素が平均にばら撒かれなくなったことが原因で起こります。
そして、その色素が固まり、部分的に増えると、
大きな斑点状になって肌を老けて見せてしまいます。

 

女性の場合、妊娠性肝斑ができることがあります。
これは、妊娠するとできるもので、生理的なシミの一つです。

 

妊娠性肝斑の原因は、妊娠を維持するために黄体ホルモンの分泌が増えたために起きます。
妊娠3ヶ月頃から目立ち始め、出産後半年位すると、自然に消えます。

 

精神的なことが原因でできるシミ

 

精神的なことが原因でできるシミもあります。

 

失恋したり、家族の死に遭遇するなど、心に大きな衝撃を受けた時にできます。
ショックによるストレスが、一時的かつ急速的な老化を起こし、シミができます。

 

精神的なことが原因でできるシミは、
ショックから立ち直るにしたがって次第に薄くなりますが、
ストレスが蓄積したままの状態でいると、シミが消えるのも遅くなります。

 

物理的な刺激で引き起こされるシミ

 

ひとくちに「物理的」といっても様々です。
例えば、化粧品や洗剤、衣類、水道水、食べ物、空気中に含まれる有害物質、
そして、日光などがシミの原因になります。

 

日光は、物理的刺激の中でも最も気をつけるべき刺激です。

 

年配の方の中には、
「日光浴は肌を丈夫にし、風邪を引きにくくする」と思っている人が多いですし、
「健康を維持するためには、日焼けをして小麦色の肌でいるのが一番!」と思っている人も多いです。
ですが、風邪と素肌とは何の関係ありません。
肌が丈夫であったとしても、気管などの上気道にウィルスが感染すれば、
誰でも風邪を引きます。
つまり、「日焼け=健康」という考えは、間違っているといえます。