しみ・しわ・たるみ改善サポートナビ

しみ・しわ・たるみ改善サポートナビへようこそ!

お肌の曲がり角というと何歳?
ちょっと前は、30代といわれていましたが、
最近は、25歳といわれていますね。

 

では、「お肌の曲がり角は25歳」という意味は分りますか?
言葉から受け取れるイメージ的では、
24歳まではピッチピチの素肌で、25歳くらいから少しずつ衰えていくという感じです。
ですが、この解釈は間違っていて、お肌の老化が始まるのは18歳なのだそうです。
つまり、18歳まではピッチピチ、19歳からは衰えていくということで、
25歳くらいからは、その衰えが目に見えてくるという感じなのですね。

 

ちょっとショックです。

 

人間の成長は、「第一次成長期」と「第二次成長期」に別れ、
全ての成長がストップするのは、18歳くらいです。
年をとったとしても、筋肉は多少は鍛えることができます。
ですが、生理学的なピークは20歳以下です。

 

例えば、サッカーや野球のように、駆け引きが必要なスポーツであれば
25歳以上になってもさらに上達することは可能なことが多いです。
ですが、水泳や陸上のように、純粋に体力のみを使い、
体力のみで競うスポーツでは、筋肉の頂点を極める年齢は20歳以下です。

 

筋肉は、鍛えることが可能です。
ですがやはりこのように、年齢による限界があります。
肌の場合は、鍛えることもできませんから、25歳以上になっても
成長をし続けることは不可能なのです。

 

体の成長が止まる18歳は、肌の成長もストップする年齢です。
その意味で、肌の曲がり角は25歳ではなく、肌の成長もストップする18歳だということができるのです。

 

まして、最近の若い女性は、生活環境が欧米化したために、
昔の日本人よりも早熟で、早く成長すると、早く衰えるのは自然の摂理です。
16歳や17歳で、成長期を終える若い女性たちのお肌の曲がり角は、
16歳であり、17歳なのです。

 

では、「お肌の曲がり角」の年齢の、何が問題なのでしょうか?
そうです。次は女性の敵!お肌の老化現象である「シミ、シワ、たるみ」が問題なのです!!

 

お肌の老化現象であるシミやシワ、たるみなどは、
成長期を終えたそのときから始まるのです。
平均的な年齢で、控えめに見積もっても、20歳くらいから衰えがはじまり、
25歳の頃には、老化への道をひた走ります。

ご存知ですか?「肌は25歳で老人」なんです!

肌の老化は、25歳くらいから始まるといわれます。
ですが、実際には、成長期がストップする18歳頃がピークで、
徐々に老化に向けて下り坂に入り、25歳を過ぎる頃には老化への道をひた走り始めます。

 

人生のうちのたった3分の1で、お年寄りの仲間入りなのです。
20代というと、若さを誇っている時ですが、
既に肌は老いに向かって進んでいますから、
「まだ大丈夫、まだぜんぜん平気」などと思い込んでいてはいけません。

 

そういわれてみると、18歳の頃は、肌がツルツルで、弾力もあったし、キメも細やかだったけれど、
成人式の頃には、色つやも悪く、張りも衰えていた気がする・・・という人もきっといると思います。
また、高校生の頃は、海に行って日焼けをしても、
夏休みが終わる頃には、白い肌に戻っていたのに、
大学生の夏に海に行ったときには、ちょっと日焼けをしただけでも
肌がカサつき、いつまでも日焼けの後が残っている・・・なんていう人もいるでしょう。

 

肌年齢が若い頃、つまり、高校生くらいまでは新陳代謝が盛んです。
ですが、やはり18歳頃をピークに、新陳代謝も衰え始め、
肌の復活力も悪くなってくるのですね。

 

このように、肌の老化は18歳くらいをピークに始まります。
「お肌の曲がり角は25歳!」といわれているから、
25歳までは何をしても大丈夫!なんて思わずに、お肌をいたわっていくことが必要です。

 

20歳を過ぎて日焼けサロンに通うなんていうのは、
お肌にとって考えるだけで恐ろしいことです。